朝倉医師会病院

病院ブログ

表示件数

第4回糖尿病フォーラムを開催しました

朝倉・うきは「糖尿病フォーラム」を朝倉市との共催で、ピーポート甘木(屋外会場)にて開催しました。
講演のほか、理学療法士による運動コーナーでは音楽に合わせて体を動かしたり、栄養・検査・薬剤・新型コロナ関連についての展示コーナー、各専門スタッフによる質問コーナーなどを行いました。アンケートには、「新たな気づきがあった」「ステイホーム期間中の運動の大切さを感じた」などの感想をいただくことが出来ました。また、アンケートにいただきました貴重なご意見等は、今後検討し皆様のお役に立てるよう、次回につなげて参ります。
多くのご参加ありがとうございました。


新型コロナウイルスに関する当院の取り組みについて

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、政府は2月に学校への休校要請を出し、その後も全国各地での感染拡大がみられ、4月7日に緊急事態宣言が発出されました。
当院では、3月2日より職員の勤務に支障が出ないよう、病院内の施設を一部開放し小学生の子供さんをお預かりすることとしました。

3月10日からは入院患者様への面会禁止
4月1日からは正面玄関にて全ての来院者の方へ検温を実施しております。

各受付窓口にはアクリル板を設置し、感染防止対策を行っています。

患者様の安全を第一に考え、また職員が安心して勤務できるよう診療を行っております。

医療物資が不足する中、朝倉市民ボランティア団体様より布マスクを寄贈していただきました。
その他、個人の方からもマスク等いただいております。心から御礼申し上げます。
いただいた物資は大切に使用させていただきます。


第7回 筑後地域メディカルラリー大会に当院も出場しました!

3月10()NPO法人 筑後地域救急医療研究会主催の、第7回筑後地域メディカルラリー大会が、聖マリア病院、聖マリア学院大学を会場として開催されました。

メディカルラリーとは、筑後地域の医師・看護師・救急隊員など、救急医療に携わる者がチームを組み、決められた時間内に模擬患者を診察し、診断、治療の速さや的確さを競う競技会です。

当院からも、河口康典医師、岩橋良太看護師、甘木・朝倉消防本部より植田救急救命士の3名が出場し、「ER(救急初療室)」部門で1位の評価を得ることができました。

  

今大会のサブタイトル、『救いたい』 ~思いはひとつ~にあるように、例え職種が違っても、そこにある命を救いたい思いは同じだということを改めて体感することができました。甘木・朝倉地区の災害拠点病院としてこれからも地域医療に貢献し、住民に愛され信頼される病院を目指します。

【広報担当 梅野】

 


第11回 朝倉医師会病院総合研究発表会

先日、院内で第11回 朝倉医師会病院総合研究発表会がありました。
各部門より1年間費やした研究発表が行われ、どの部門の発表も興味深い内容でした。
今回の研究が、発表者のみならず病院全体の業務改善や自己発展につながるよう願っております。
時代と共に医療は日々めざましく発展しており、その流れに遅れることのないように今後も研究を継続しながら、新たなチャレンジを繰り返し前進していきます。

  

【キャリアアップサポート委員会 松尾和宏】

朝倉医師会病院 研究発表会