診療科・部門

感染対策室

感染対策室の活動と感染対策組織

当院の感染対策室は感染対策に精通した医師を室長とし、感染管理認定看護師(CNIC)1名<専従>と、事務1名が勤務しています。また、感染制御チーム(ICT)を組織し、患者さんと病院で働く人々を感染から守るために、院内サーベイランスの実践、感染防止技術教育の推進、感染対策マニュアルの整備などを行っています。更に、医療スタッフと協同し、患者ケアの質向上を目指して日々組織横断的に活動しています。


ICT活動

ICTメンバー

医師(兼任) 玉井路加子、佐藤留美(ICD)、村上英嗣
看護師(専従) 感染管理認定看護師(CNIC)井上聡子
薬剤師(専任) 西川容子
臨床検査技師(専任) 棚町恵里、星野成美

活動内容

耐性菌の監視、血液培養事例検討、抗菌薬適正使用指導、感染症に関する相談、院内研修(教育)、アウトブレイク対策、地域の医療機関との感染管理に関する連携などを行っています。

保健所との合同実地訓練

当院は、福岡県新型インフルエンザ対策行動計画に基づき、新型インフルエンザが発生した場合は、帰国者・接触者外来を設置し「患者や感染が疑われる者の診療」を依頼されています。そのため、当病院における院内感染対策を検証し、各職種の役割、動きを理解することを目的に保健所との合同実地訓練を行いました。


平成28年6月21日 新型インフルエンザ発生時訓練


平成26年8月26日 新型インフルエンザ発生時訓練


平成25年4月23日 鳥インフルエンザA(H7N9)発生時訓練


平成23年11月1日 強毒性型インフルエンザ発生時訓練