外科系

整形外科

整形外科では、主に「上肢、下肢、首、腰」の、痛みや外傷を扱います。 具体的には、

  • 「四十肩、五十肩といわれる肩関節周囲炎」や「膝の痛み」などの関節の障害
  • 「腰痛症や坐骨神経痛、腰椎椎間板ヘルニア」、や「頚椎症」などの脊椎(せきつい)の疾患
  • 「手足の骨折」、「脱臼」、「捻挫」、「打撲」などの外傷

の治療を行います。

その他にも、

  • 「手・足のしびれ」などを起こす末梢神経障害
  • 「スポーツによる故障や外傷」、「使いすぎによる腱鞘炎」

なども、整形外科が扱います。

最近は「骨粗鬆症よる骨折」の予防に関心が高まっており、実際に骨折を予防する効果が実証された「骨を強くする薬」の処方が始まっています。ぜひ、多くの人に利用していだきたいと思います。
医師会病院では、MRICT装置を導入しています。レントゲンで分からない疾患も、MRICT装置を用いて診断出来る場合があります。読影も専門の先生に行っていただき、複数の目で見落としがないようにしています。
最終的な治療方法は、患者さんと話し合って決めていく事になりますが、医師会病院の整形外科では、「手術」と術後の「リハビリ」による治療が中心となります。
確実な方法で、できるだけ早くもとの生活に復帰できる治療を行う事が、整形外科の基本方針です。

診療内容

  • 膝などの関節の痛みに対して、内視鏡手術や人工関節手術を行います。
  • 骨折の治療を行います。
  • 手指のしびれの治療を行います。
  • スポーツ外傷の治療を行います。
  • 骨粗鬆症の治療を行います。
  • リハビリテーションを行います。

医師紹介

image
整形外科部長石井 孝子(いしい たかこ)

平成4年医師免許取得

専門領域
股関節外科、膝関節外科、リウマチ関節手術、脊椎以外の外傷一般
専門医等
日本整形外科学会専門医、日本リウマチ学会専門医、緩和ケア研修会修了
所属学会
日本整形外科学会、日本股関節学会、日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会(JOSKAS)、日本小児整形外科学会、日本リウマチ学会、西日本整形・災害外科学会、日本関節病学会

image
一般外傷担当部長野田 明生(のだ あきお)

 

専門領域
整形外科一般
専門医等
日本整形外科学会専門医、日本整形外科学会、西日本整形災害外科学会

image
蛭﨑 夏奈(えびすざき かな)

平成26年医師免許取得

専門医等
日本整形外科学会、日本リハビリテーション医学会、緩和ケア研修会修了

非常勤医紹介

image
塚本 祐也(つかもと ゆうや)

平成23年医師免許取得