事務部

診療情報管理課

診療情報管理課は、診療の過程で作成される記録やデータを、医学・医療に利活用できるように情報化し患者の個人情報として適切に管理している部署です。

主な業務内容

診療記録の点検

「診療報酬請求の根拠は、診療録にある」とされ、医師法第24条、療養担当規則第22条に基づく重要な公的文書とされています。また、患者診療の正当性を証明するためのものであり、患者に対して行った診療がどんなに技術が高いものであってもその事実が診療録に記載されていなければ、何もしていないと判断されます。
診療情報管理課では、診療情報管理士(※1)が中心となって医師の記録をはじめとする患者診療に対する記録が診療の都度、遅滞なく、正確に記載されているかを日々点検しています。
また退院時要約は、診療録管理体制加算の施設基準で、全診療科において全患者について作成されていることとされ、患者の退院から2週間以内での作成が義務付けられているため、期限内の作成の推進と記載内容の充実をめざしています。

診療情報の管理

医師法第24条および療養担当規則第9条では、診療完結の日から5年間の記録の保存が義務付けられています。当院では10年(輸血がある場合には20年)を期限として保管しており、患者さんの求めに応じた診療情報を開示できるようにしています。

DPC業務

当院は平成22年7月よりDPC対象病院として認定され、入院費の一部を包括支払制度(DPC/PDPS制度 ※2)で計算をしています。

  • 診療情報管理課での担当業務
    • 「調査」全般:様式1をはじめとする各種データの精度管理と厚生労働省への提出
    • 「請求」の一部:医師が決定した医療資源最投入病名に対して診療記録やICD-10コーディングルールとの整合性の確認

統計業務

診療記録の点検の際に入院中に行われた医療行為等を抜き出したデータを登録している診療情報管理システムや、DPCデータを用いて統計資料を作成しています。DPCデータを用いた統計資料は、デジタルサイネージという院内の掲示板に掲載しています。その他には、平成28年10月よりDPC対象病院は病院指標の作成が義務化されており、その指標の作成も行っています。

症例登録

  • がん登録:平成28年度に地域がん診療病院として指定され、院内がん登録が必須となったので、専従1名と専任1名の2名体制で登録作業を行っています。
  • NCD(National Clinical Database)登録:当院で行われた外科系の手術について全て洗い出して登録を行っています