診療技術部

輸血科

輸血は、赤血球や血小板、凝固因子の機能が低下あるいは不足したときに、それらを補充
する目的で行います。その時、血液型検査や、患者さんの血液と血液製剤が適合するか、
患者さんの血液中に不規則抗体(輸血や妊娠などによって作られた抗体)があるかどうか
を検査します。血液製剤の管理も行っています。また、輸血療法委員会を開催し、最新情
報の提供と協力体制の確認をしています。

【スタッフ紹介】

     1.輸血責任医師 1名(兼任)
       検査技師 2名(1名は臨床検査科と兼務)

     2.取得認定資格
       認定輸血検査技師 1名

     3.所属学会
       日本臨床衛生検査技師会
       日本輸血・細胞治療学会

【検査項目】

血液型検査 ABO、Rh(D)検査
不規則抗体検査 臨床的意義のある抗体を検出し、安全な輸血を行うための検査です
交差適合試験 赤血球製剤が患者さんに適合するかを検査します
自己血輸血用管理 手術前などに自分の血液を保管します
血液製剤管理 赤血球製剤、新鮮凍結血漿、血小板製剤


血液製剤は、皆様の献血により成り立っています。献血にぜひご協力をお願いします!