ホーム病院案内院長挨拶

病院案内

院長挨拶

朝倉医師会病院
院長山田 研太郎

朝倉医師会病院は1984(昭和59)年に甘木朝倉医師会病院として発足し、2008(平成20)年には県立消化器医療センターを引き継いだ朝倉病院と合併して、現在の朝倉医師会病院がスタートしました。発足当初よりかかりつけ医との一貫継続した医療をめざした開放型病院であり、病診連携を基盤とした診療を行っています。

当院の任務は、地域の基幹病院として、かかりつけ医では対応が難しい急性疾患や、専門的な診断・治療を要する疾患を診ることにあります。そのために、一人一人の患者さんを協力連携して診るチーム医療を実践しています。また、休日・夜間の急患への対応や、健康診断・人間ドックを通じた地域住民の健康管理も当院の任務です。災害時には、災害拠点病院として傷病者や避難者の診療にも努めてまいりました。

当院の基本理念は「最新の医療を提供し、住民に愛され、信頼される病院を目指す」ことにあります。病院として、正確な診断と適切な治療が重要であることは言うまでもありませんが、それだけでは十分とはいえません。当院は何より患者さんとご家族に安心感を与える、優しい医療を心がけています。病気に伴う不安や苦しみを出来る限りやわらげ、取り除くことが我々の願いです。

これからもこの理念に沿って職員一丸となって精進してまいる所存ですので、何卒よろしくお願い申し上げます。