医療機器紹介

経鼻内視鏡

鼻から行う内視鏡検査

みなさんは、鼻から内視鏡を挿入する検査方法をご存じでしょうか?

一般的に行われている経口内視鏡では、喉の奥にある舌根にスコープが接触するため、咽頭反射が起きて吐き気を催すことが多い。これに対して経鼻内視鏡では、スコープが細く、鼻から挿入でき、スコープが舌根に触れることなく消化器に到達するため、検査を受けられる方は吐き気をほとんど感じることなく検査を受けられます。鼻からの場合は口がフリーなので、検査をしている医師と「痛くありませんか?」「はい、大丈夫です」という会話ができます。

経鼻内視鏡の欠点は、スコープが細いために、一般の内視鏡と比較すると画質がやや劣ります。また、行える処置も限られるため、消化管内の止血等の処置ができません。そのため、処置・治療を必要とする緊急内視鏡や治療内視鏡には不向きです。また、病変が見つかった場合は、経口内視鏡で検査をする必要がありますので、集団検診やドックで行う検査として最適だと考えられます。


経口挿入と経鼻挿入

経鼻内視鏡の欠点は、スコープが細いために、一般の内視鏡と比較すると画質がやや劣り、また、行える処置も限られます。消化管内の止血等の処置ができないため、処置・治療を必要とする緊急内視鏡や治療内視鏡には不向きです。また、病変が見つかった場合は、経口内視鏡で検査をする必要があります。集団検診やドックで行う検査として最適だと考えられます。

一般の内視鏡(上)と極細内視鏡(下)

経口挿入

経鼻挿入