医療機器紹介

内視鏡検査装置

オリンパス製 EVIS LUCERA SPECTRUM

家庭のテレビも地上波デジタル放送に替わりハイビジョンの鮮明な画像を楽しむことができるようになってきました。医療現場においても映像技術の進歩は著しく、ハイビジョンの内視鏡が登場し、鮮明な画像で、詳細な観察ができるようになってきました。また、内視鏡に拡大機能や、内視鏡の光を白色光から特殊な光に換えて観察するNBI(Narrow Band Imaging)システムを搭載したものも登場してきました。 朝倉医師会病院は、開院時よりこれらの最新鋭の内視鏡(オリンパス製、EVIS LUCERA SPECTRUM)を導入しており、早期がんの発見率の向上や精度の高い診断が可能となり、早期発見や早期がん範囲の同定等の診断に大きく寄与しております。 今回は新しい内視鏡について簡単に説明いたします。

ハイビジョン

家庭用電気製品と同様に、内視鏡検査もより高画質を求めてハイビジョン方式が採用されてきています。高画質であるハイビジョンで観察することにより、より小さな粘膜の変化も観察しやすくなってきました。

NBI(狭帯域光観察)

NBIは、通常光(白色光)観察より幅を狭めた光で観察することで、粘膜表層の微細な血管をより明瞭に描出することが可能です。特殊光を用いて食道、胃や腸の表面を観察し、粘膜表面の微少な血管像や腫瘍表面の模様を強調してより詳しく観察することにより、腫瘍なのか、腫瘍でないのか等の鑑別診断が可能となりました。すでにNBIによる観察は、咽頭がん、食道がんの早期発見や、早期胃がんの範囲同定、大腸の通常検査に応用されてきています。今までの内視鏡検査より腫瘍の発見率が高いことが報告されてきております。

拡大内視鏡

拡大内視鏡は胃および大腸内視鏡検査で約100倍近くまで拡大し、表面構造を観察することができる内視鏡検査です。これは腫瘍の表面構造を観察することにより、腫瘍か非腫瘍か、また悪性か良性かの鑑別診断等を、通常観察の一連の流れで行うことができます。

表在型食道がん

通常観察

ルゴール染色後

NBI観察