ホーム診療科・部門がん相談支援センター

診療科・部門

がん相談支援センター

がん相談支援センターとは

がん相談支援センターとは、全国どこにいても質の高いがん医療が提供できるよう「がん診療連携拠点病院」や「小児がん拠点病院」「地域がん診療病院」が設置されている、がんに関する相談支援を行う場所です。
看護師・医療ソーシャルワーカーが皆様のお話を伺い一緒に考え、問題解決のお手伝いをさせていただきます。

がん相談支援センターとは

  • がんと言われ頭の中が真っ白です。
  • 先生の話が難しくてよくわからない。
  • 治療や手術にかかる費用のことが心配。
  • 退院することになったけど、自宅でどうすればいいの?
  • 緩和ケアについてしりたい
  • 仕事が続けられるか心配。

「がん相談支援センター」では、医療ソーシャルワーカーや看護師が、みなさんからの電話での相談に対応しています。対面相談のご予約もお取りします。
他の対面相談・電話相談対応のため、電話に出ることができない場合があります。大変恐縮ですが、しばらくたってからかけ直しをお願い申し上げます。

がんに対する不安やがん治療を続けていくうえで生じる患者さんやご家族の様々なお困りごとについて、専従看護師がお話を伺いながら一緒に考え、解決に向けてのお手伝いをいたします。

専従の看護師1名と専任の看護師1名の
計2名が、あなたの気持ちに寄り添い
しっかり心のケアを致します。

がんと診断されると多くの人は信じられない気持ちになり、人によっては心が大きく揺らことがあります。これからのことを考えたり、家族のことや、仕事のこと、これからかかる医療費のことを考え、不安になったり、落ち込んだり、何もできなくなってしまう方も少なからずいらっしゃいます。
また、患者さんだけでなく、患者さんを支えるご家族もつらい気持ちを抱えることがあると思います。そんな患者さんやご家族のためにがん相談専門員として、国立がんセンター・がん対策情報センターの相談員研修をうけた専従・専任の看護師が、がん治療や療養生活の質問や相談をお受けしています。

私たちがん相談専門員は、患者さんやご家族が安心して過ごせるように、上手な情報の探し方、医療福祉制度の説明や利用、在宅療養生活への支援、医療機関やホスピスなどの情報提供、患者さん同士で語り合える場のご案内、その他、患者さんやご家族と共に考え、安心した療養生活につながるサポートを行いしっかりと心のケアをいたします。

相談内容に応じて、がんに詳しい緩和ケア・化学療法認定看護師や薬剤師、栄養士など専門スタッフと連携をとることも可能です。
お一人で悩まないで、どうぞお気軽に私たちにご相談ください。

1階正面玄関より入って、総合案内の向かって左手にお進みください。