一般社団法人朝倉医師会



ホーム学校案内副校長挨拶

副校長挨拶

大地に抱かれ あさくらで看護を学ぶ

image

2013年(平成25年)あさくら看護学校は、第1回卒業生を輩出することになります。現在学生は入学時より本校の創始と開拓にかかわり期待を一身に背負ってきました。学生はてふてふ祭の名ずけ親でもあり、学校の研究活動には主体的に参加し、東北の大震災にはボランティアとして翔けてゆくような感性豊かな人材が集まっています。

看護はいのちと健康にかかわる仕事です。人間に備わった自然治癒力を大切にし対象の自立してゆく過程を助けるものです。朝倉はこのための最適な環境を提供する場所だと思います。おいしい空気・おいしい食べ物・なによりも心地よい人間関係があります。

われわれ教職員は「誠実さと学生にやさしくそして寛容な心」を教育ごころとしてかかげ新設校ですが協力しあって運営にあたっています。 私個人は福岡県の奥座敷としてあさくらをもっとアピールすると良いと思っています。古代史の卑弥呼伝説から黒田藩の秋月城址、歴史に名を残す緒方春朔や俳人達の人間史を探索すると夢がひろがります。おいしいフルーツの里でも有名です。

皆さま、美しい大地に抱かれあさくらで3年間じっくり看護を学んでみませんか。

あさくら看護学校 副校長 大橋 典江