令和2年度 朝倉医師会病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 22 27 42 83 114 172 487 927 1049 481
令和2年度に退院した患者さんの年齢を10刻みの階級別に集計しました。当院は地域の中核病院として、かかりつけ医と連携し地域医療に貢献しています。朝倉地区の高齢化率の上昇もあり、70歳以上が多くを占めていますが、10歳未満の入院もあり、幅広い年齢層の患者さんにご利用いただいています。30代までは呼吸器感染症や感染性腸炎が多く、40代から60代では、気管支肺炎、アテローム血栓性脳梗塞、結腸癌、肺癌が上位の原因疾患です。最も人数が多い70代以上では、誤嚥性肺炎、慢性呼吸不全、うっ血性心不全、脳梗塞などの内科系疾患に加えて、転倒による骨折や白内障が上位を占めています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx9900xx 心不全 手術なし 164 32.73 17.23 9.15 85.15
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 39 23.51 10.56 10.26 81.44
110280xx9900xx 慢性腎炎症候群・慢性腎不全 16 32.69 11.04 12.50 80.25
050070xx9900xx 頻脈性不整脈 14 8.50 7.09 0.00 78.57
0400801499x012 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上)A-DROPスコア2 11 33.00 18.48 9.09 87.00
循環器科で多い疾患が心不全です。次に多い疾患がペースメーカー挿入を伴う洞不全症候群や房室ブロック、その次に心房細動が占めています。患者層は75歳以上が多く、基礎疾患に糖尿病があったり、肺炎を併発するなどして入院期間が長くなる傾向がみられます。また、ペースメーカーを挿入した場合にはペースメーカーの電池交換目的での入院も必要となりますが、これは第2位の患者数に含まれます。
呼吸器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等なし 31 27.35 18.61 12.90 72.90
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) A-DROP スコア2 30 31.60 15.71 3.33 84.23
0400801499x001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上)A-DROP スコア1 24 22.63 13.93 4.17 84.38
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 気管支ファイバーや経皮的針生検等あり 16 5.00 3.39 0.00 72.88
0400801299x000 肺炎等(市中肺炎かつ15歳以上65歳未満)A-DROP スコア0 16 11.19 9.08 0.00 49.38
当科における昨年度のDPC診断群分類別患者上位数としては、第1位は間質性肺炎となっておりますが、当科では難治性の呼吸器疾患である間質性肺炎の精査および治療にも取り組んでおり、地域医療機関よりご紹介いただいております。実際の当科の入院状況としましては、市中肺炎・誤嚥性肺炎が多数ですが肺がんに対する治療にも従事しており、気管支鏡検査による診療や最新の肺がん診療ガイドラインに沿った治療を行っております。今後も地域医療機関と連携しながら呼吸器疾患治療に従事していきたいと思います。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠経ヘルニア ヘルニア手術あり 49 8.18 4.86 0.00 69.57
060335xx02000x 胆嚢炎 腹腔鏡下胆嚢摘出術等手術あり 29 8.52 7.23 0.00 59.10
060035xx010x0x 結腸の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除等あり 19 23.05 16.19 0.00 74.42
060035xx99x0xx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 18 18.50 8.33 11.11 73.72
060150xx99xx0x 虫垂炎 手術なし 17 10.29 7.17 5.88 40.18
外科で取り扱う患者さんでは鼠経ヘルニアが1位となっています。次いで胆嚢疾患(胆石)となります。ヘルニア、胆石が多いのは地域性があるように感じます。また、昨年度は結腸癌が増加していました。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術あり 64 22.92 25.09 79.69 84.48
160690xx99xxxx 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む) 手術なし 46 21.57 18.81 73.91 84.24
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 21 13.57 5.18 4.76 59.05
070343xx99x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 手術なし 17 18.53 13.34 52.94 76.47
160980xx99x0xx 骨盤損傷 手術なし  15 19.40 19.06 60.00 81.47
高齢者の骨脆弱性骨折である胸腰椎圧迫骨折、大腿骨近位部骨折、前腕(大多数が橈骨遠位端)骨折で上位3つを占めています。そのうち、大腿骨近位部骨折および前腕骨折では、ほぼ全例において手術的加療を行っております。当院は急性期病院であるため、自宅復帰までの長期リハビリテーションを要するこれらの疾患(前腕骨折を除く)では、急性期を過ぎる段階で他院への転院が多くなっています。また脊柱管狭窄症や骨盤脆弱性骨折に対して保存的加療も行っております。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日以内、かつ、JCS10未満) 手術なし エダラボンあり 発症前Rankin Scale 0,1又は2 52 23.71 15.64 28.85 74.92
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満)手術なし 20 27.65 18.86 60.00 76.80
010060x2990400 脳梗塞(脳卒中発症3日以内、かつ、JCS10未満) 手術なし エダラボンあり 発症前Rankin Scale 3,4又は5 18 29.00 19.18 66.67 83.72
160100xx97x10x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 16 23.50 23.14 50.00 82.50
当院では、脳卒中(脳梗塞・脳内出血・くも膜下出血)の急性期治療として外科的治療(動脈瘤クリッピング術、血腫除去術、バイパス術など)、内科的治療(rtーPA血栓溶解)を行っております。※ 患者数が10件の項目は(ー)で表示しております。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり 片眼 41 3.00 2.76 0.00 76.37
5.79
3.22
眼科の入院はすべてが手術目的となっており、そのほとんどが白内障の手術目的となっております。当院には眼科の常勤医が不在ですが、近隣の眼科医3名で眼科を担当しています。全てが予定入院となっており、入院当日には手術を行うことができます。術後もそれぞれの医院にてフォローしています。※患者数が10件以下の項目は(ー)で表示しております。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx991xxx 前立腺の悪性腫瘍 前立腺生検法あり 33 2.09 2.54 0.00 73.82
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術あり 25 8.16 5.67 0.00 69.28
110070xx03x20x 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術あり 化学療法等処置あり 18 8.28 7.05 0.00 69.00
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 11 29.27 13.00 18.18 80.55
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術等 10 9.90 8.52 0.00 71.60
経尿道的手術を中心とした様々な手術を行っております。また、前立腺生検を年間50例行っており、前立腺癌の早期発見や治療を目指しています。
糖尿病科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
10007xxxxxx1xx 2型糖尿病(末梢循環不全なし)インスリン注射あり 12 20.92 14.60 0.00 63.08
4.94
13.33
15.71
11.26
当科の入院患者の多くは、かかりつけ医から紹介された血糖コントロール困難な2型糖尿病であり、入院による治療法の適正化と糖尿病教育を行っています。インスリン注射ありは、高血糖が顕著な症例や、既に各種の経口血糖降下薬を使用していた症例です。血糖コントロール改善後に経口薬やGLP-1受容体作動薬に切り替えて退院する場合と、自己注射・血糖自己測定の指導を行い、インスリン注射を継続する場合がありますが、いずれにせよインスリン注射なしより入院期間が長くなります。入院患者の糖尿病教育は、個別指導のほか多職種による糖尿病教室を開催しています。その他、糖尿病性ケトアシドーシスや非ケトン昏睡などの重篤な病態で入院する症例や、肺炎などの感染症を併発して入院する症例があります。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。)内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術あり 84 5.63 2.66 0.00 67.99
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術あり 43 18.16 9.53 4.65 76.51
060380xxxxx00x ウイルス性胃腸炎 39 7.74 5.86 0.00 63.79
060102xx99xxxx 穿孔又は膿瘍を伴わない憩室性疾患 37 11.59 7.74 0.00 69.95
04008011499x001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) A-DROPスコア1 35 26.46 13.93 17.14 86.40
消化器内科で最も多い疾患は、大腸ポリープでその多くが大腸腺腫であり、内視鏡的切除術を施行しています。急患で多い疾患は、総胆管結石性胆管炎、憩室炎、憩室出血などであり、多くの患者さんを受け入れています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 12 23 12 23 1 8
大腸癌 16 18 26 12 64 1 6,7,8
乳癌 13 24 1 8
肺癌 13 1 8
肝癌 42 1 8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
最も代表的な5つのがん(胃がん、大腸がん、乳がん、肺がん、肝がん)を病期ごとに集計しました。検診によって乳がんを早期発見し、早期治療に繋げています。再発が多いのは大腸がん、肝がん、胃がんの順になっています。肝がんの再発治療で血管塞栓術(肝臓の血管に薬剤を注入する)を行うなど、患者さんの体に負担が少ない治療を行っています。大腸がんや胃がんは抗がん剤の内服や注射など化学療法治療が多くなっています。再発したがんは進行している状態で判明することもあり、再発患者さんの中には当院の緩和ケア病棟に入院され、痛みのコントロールなどの緩和治療を受けられる方もおられます。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 40 13.83 58.05
中等症 213 30.41 83.11
重症 46 32.24 86.24
超重症 15 26.13 89.13
不明
日本呼吸器学会成人肺炎ガイドライン肺炎重症度分類(A-DROPシステム)の定義に基づいてスコアの該当項目数0~5で、入院時の重症度を示しています。
さらに、重症度別に患者数、平均在院日数、平均年齢を算出しています。
【A-DROPシステム】
1.男性≧70歳、女性≧75歳
2.尿素窒素≧21㎎/㎗以上または脱水あり
3.酸素飽和度≦90%
4.意識障害あり
5.収縮期血圧90㎜Hg

重症度に関わらず、近隣の医療機関で外来治療が困難な患者さんをご紹介いただいており、外来治療が推奨される重症度0の患者さんでも重症化が予測されるケースでは、入院治療を行っています。重症度0では、適切な治療により在院日数をなるべく短くし、外来で経過観察しています。重症度1以上では平均年齢80歳以上とご高齢で基礎疾患をもつ方が多く、在院日数も長くなっていますが、医師、看護師だけではなくリハビリテーション科、栄養科、薬剤部、ソーシャルワーカーが協力連携してチーム医療を行い、在院日数の短縮に努めています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 124 28.47 79.31 48.82
その他
当院で、脳梗塞に分類される疾患のうち、「I63$脳梗塞」に該当する患者さんについて示しています。
脳梗塞は「アテローム型」と「心原性塞栓」と「ラクナ梗塞」の3種類に分けられます。脳梗塞は心原性(不整脈)や動脈硬化性など様々な種類があり、リハビリと点滴加療の後、内服加療の継続が必要です。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
循環器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K597-2 ペースメーカー交換術 22 2.27 14.00 4.55 81.09
K5972 ペースメーカー移植術 経静脈電極の場合 10 9.00 21.20 30.00 80.90
循環器科での手術は、ペースメーカーに関わる手術で占められています。最も多いのがペースメーカーの交換術です。手術前日数が少し長くなっていますが、他の疾患で入院中にペースメーカー移植が必要となるような場合が含まれているためです。また、術後日数が長い傾向ですが、これは疾患別の解説にある通り、基礎疾患によるものと考えられます。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠経ヘルニア手術 41 2.10 5.05 0.00 71.05
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 39 1.92 5.41 0.00 60.67
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈、静脈又は腹腔内持続注入植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 31 1.87 3.48 0.00 70.74
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 13 4.85 13.62 7.69 74.92
K7193 結腸切除術(全切除、亜切除又は悪性腫瘍手術) 11 10.18 27.91 0.00 74.82
当院外科で行った手術になります。ソケイヘルニア手術、胆嚢に対する腹腔鏡下手術が上位となっています。クリニカルパスで周術期管理を行っています。
高齢者や独居の方は入院期間が延びる傾向にあり、術後日数が少し長めになっています。結腸に関しては内科で精査入院後に続けて手術になっているケースが多く含まれるため、術前日数が長くなっています。通常は、前日もしくは前々日入院となります。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨、上腕、大腿) 56 2.41 18.54 66.07 82.25
K0732 関節内骨折観血的手術(胸鎖、手、足) 18 2.78 14.11 16.67 65.22
K0811 人工骨頭挿入術(肩、股) 18 3.83 19.83 83.33 81.94
K0462 骨折観血的手術(前腕、下腿、手舟状骨) 12 1.83 19.75 8.33 57.33
K0463 骨折観血的手術(鎖骨、膝蓋骨、手、足、指(手、足)) 11 2.09 20.73 9.09 48.73
外傷(骨折)に対する手術が上位5つを占めています。高齢者が多く、大腿骨近位端骨折に対する骨接合術および人工骨頭置換術が最も多くなっています。次いで、前腕(橈骨遠位端)骨折、足関節周囲骨折に対する骨接合術も多く行っています。外傷以外では、手根管症候群に対する手術等を行っています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 17 1.18 20.82 52.94 81.71
脳腫瘍(髄膜種・転移性脳腫瘍など)、未破裂脳動脈瘤、更に正常圧水頭症に対する外科手術を数多く行っています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 41 1.00 1.00 0.00 76.37
眼科の入院はすべてが手術目的となっており、そのほとんどが白内障の手術目的となっております。当院には眼科の常勤医が不在ですが、近隣の眼科医3名で眼科を担当しています。全てが入院予定となっており、入院当日には手術を行うことができます。術後もそれぞれの医院にてフォローしています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 30 2.17 5.93 0.00 69.57
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 25 3.20 7.72 0.00 69.68
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 17 5.76 17.47 0.00 71.00
当院では、経尿道的手術を中心に検査や処置も含め、年間で約120件の手術室利用件数があります。また、ホルミウムレーザー80Wを導入しており、尿管結石や
前立腺腺肥大症の手術を積極的に行っております。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 76 1.83 3.24 0.00 68.37
K6872 内視鏡的乳頭切開術(胆道砕石術を伴う) 35 9.09 14.60 14.29 79.17
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 30 3.90 12.03 0.00 76.00
K697-31ロ 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(2cm以内のもの)(その他のもの) 20 1.00 7.15 0.00 74.25
K654 内視鏡的消化管止血術 15 2.93 24.93 0.00 67.27
消化器内科で最も多い処置は、内視鏡的大腸ポリープ切除術であり、クリティカルパスで管理し3~4日間の入院期間で効率よく運用しています。また、胆膵疾患(総胆管結石性胆管炎や胆膵の悪性腫瘍など)に対する内視鏡的治療、肝細胞癌に対するラジオ波焼灼術、消化性潰瘍や大腸憩室出血に対する内視鏡的消化管止血術などの手技を多く行っています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一
異なる
ここに挙げられている疾患は、元々の疾患があり、そこからの重篤な状態を発症する疾患です。播種性血管内凝固症候群は、血管内に無数の血栓がばらまかれ、凝固反応(血液が固まる)が非常に高くなる病態です。敗血症は、病原体によって引き起こされた全身性炎症反応症候群です。この2つはDPC(包括評価)で高い点数が設定されています。それだけ治療にかかる費用が高いということですが、当院では入院中の部分的な期間で発症し治療後は原疾患の治療に戻る場合も多くあります。手術・処置等の合併症は、手術や処置後に一定の割合で起こりうる病態です。当院では、術後創部感染や術後出血が病名として挙げられています。
件数的には少なく、減少しています。
更新履歴
2021年9月28日
更新
2020年9月28日
更新
2019年9月27日
更新
2018年9月25日
更新
2017年9月25日
更新
2016年10月1日
新規作成