平成29年度 朝倉医師会病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 39 55 80 90 168 319 859 1140 1457 556
平成29年度に退院した患者さんの年齢を10刻みの階級別に集計しました。                                           当院は地域の中核病院として、開業医と連携し地域医療に貢献しています。朝倉市の高齢化率の上昇もあり、入院患者数の割合は70代以上が多くみられますが、幅広い年齢層の患者さんにご利用いただいております。                                    30代までは気管支肺炎、感染性腸炎や急性虫垂炎が上位を占めています。また40代~60代では、気管支肺炎、大腸がんやうっ血性心不全が上位を占めています。入院患者の割合が最も多い70代以上では、気管支肺炎や誤嚥性肺炎、うっ血性心不全や脳梗塞といった内科系疾患に加えて白内障が上位にきています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
呼吸器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 148 32.31 20.83 31.08 86.24
0400801499x001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 重症度1 86 19.83 13.51 3.49 83.98
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 重症度2 62 23.06 15.12 4.84 84.76
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 59 26.81 19.65 1.69 71.64
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 化学療法あり 51 20.04 11.99 1.96 72.43
呼吸器内科の平成29年度総症例数は、1138名です。
肺炎での入院が多く、誤嚥性肺炎が第1位です。誤嚥性肺炎では、平均年齢が86歳と高齢で基礎疾患も多く在院日数も長期化傾向となっています。誤嚥性肺炎治療後も、医療を要するため転院率が高く、地域医療機関との連携を深めています。      
当科では、難治性の呼吸器疾患である間質性肺炎の治療にも取り組んでおります。                                   市中肺炎に関しては、成人市中肺炎の重症度別患者数のデータもご参照ください。                                      第5位の肺がんでは、気管支鏡検査による診断や最新の肺がん診療ガイドラインに沿った治療を行っております。
循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x 心不全 179 42.65 17.71 10.06% 83.13
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 59 34.61 11.21 8.47% 81.41
050070xx99000x 頻脈性不整脈 57 21.56 7.71 5.26% 74.84
050050xx99000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 36 15.06 6.83 16.67% 72.58
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 27 38.78 12.23 7.41% 80.85
循環器科で多い疾患が心不全です。次に多い疾患がペースメーカー挿入を伴う洞不全症候群や房室ブロック、その次に心房細動が占めています。 患者層は75歳以上が多く、基礎疾患に糖尿病があったり肺炎を併発するなどして入院期間が長くなる傾向がみられます。
また、ペースメーカーを挿入した場合にはペースメーカーの電池交換目的での入院も必要となりますが、これは第2位の患者数に含まれます。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 10 5.10 5.70 0.00% 5.80
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 10 3.50 5.50 0.00% 4.40
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症 - - 5.94 - -
040100xxxxx00x 喘息 - - 6.32 - -
030270xxxxxxxx 上気道炎 - - 4.84 - -
小児科では、肺炎や気管支炎、胃腸炎、喘息といった症例が大部分を占めています。 外来治療が可能な場合もありますが、発熱が一週間近く続いたり、呼吸困難や強い脱水状態にある場合には入院治療が望ましいです。 いずれの症例においても、退院後はかかりつけ医にフォローをお願いしています。 ※各項目において患者数が10未満の場合、ー(ハイフン)を入力しています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし アバスチン点滴あり 25 3.76 4.47 0.00% 64.48
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等あり 23 9.52 7.40 0.00% 62.52
060035xx99x50x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし オキサリプラチン点滴あり 20 3.70 4.38 0.00% 62.80
060150xx99xx0x 虫垂炎 手術なし 18 9.06 7.01 0.00% 47.83
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等あり 18 19.50 15.61 5.56% 71.06
外科で取り扱う患者さんは大腸がんが最も多く、次いで胆石症となっています。大腸がんの治療は主に手術や化学療法を受けられる患者さんが入院されています。大腸がんの手術を受けられた患者さんの平均在院日数が少し長いのは基礎疾患があったり、消化器内科に入院後外科へ転科する場合があるためと考えれます。 第2位の胆石症も当院の消化器内科と連携し、内科的治療の後に切除術を行う症例も含まれています。いずれの症例も転院率が5%以下であり、自院で治療が完結していることがわかります。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 63 20.17 19.94 63.49% 81.08
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術等あり 63 36.52 27.09 58.73% 86.63
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 23 10.83 5.21 0.00% 45.52
160980xx99x0xx 骨盤損傷 手術なし 21 24.38 19.97 76.19% 84.24
070350xx99xxxx 椎間板変性、ヘルニア 手術なし 12 13.00 8.83 0.00% 54.50
高齢者の骨脆弱性骨折である胸腰椎圧迫骨折、大腿骨近位部骨折、前腕(橈骨遠位端)骨折、仙骨・恥骨・坐骨などの骨盤骨折で上位4つを占めています。大腿骨近位部骨折と前腕骨折は、ほとんど手術での治療を行っています。                                                    当院は急性期病院であるため、自宅復帰までの長期のリハビリを要する高齢者のこれらの疾患では急性期を過ぎて他院への転院となることが多くなっています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) エダラボンあり Rankin Scale0~2 52 23.69 16.38 19.23% 73.19
010061xxxxx0xx 一過性脳虚血発作 20 10.60 6.28 0.00% 76.15
010060x2990400 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) エダラボンあり Rankin Scale3~5 16 22.25 20.20 43.75% 82.00
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷  手術あり 15 14.60 9.68 13.33% 79.60
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 14 21.00 19.10 35.71% 66.64
当院では、脳卒中(脳梗塞・脳内出血・くも膜下出血)の急性期治療として外科的治療(動脈瘤クリッピング術、血腫除去術、バイパス術など)、内科的治療(rt‐PA血栓溶解)を行っております。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050180xx97xxxx 静脈・リンパ管疾患 その他の手術あり 37 2.00 3.20 0.00% 70.84
050170xx02000x 閉塞性動脈疾患 動脈形成術、吻合術等あり - - 16.50 - -
050163xx99000x 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 - - 8.40 - -
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術等あり - - 5.68 - -
050170xx99001x 閉塞性動脈疾患 手術なし - - 18.24 - -
下肢静脈瘤に対してのレーザー焼灼術が増加傾向にあります。ストリッピング手術に比べ、入院期間が短くて(日帰り手術または1泊2日)出血や疼痛がほとんど無く、傷跡も目立ちません。                                                                                内シャント手術は、慢性腎不全症例の血液透析導入時に行う手術ですが今後増えてくる傾向にあります。                                  閉塞性動脈硬化症重症症例では、積極的に手術(バイパス術)を行っております。
※各項目において患者数が10未満の場合、ー(ハイフン)を入力しています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110200xx04xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的レーザー前立腺切除術あり 27 12.11 7.64 3.70% 73.41
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等あり 25 5.88 5.75 0.00% 68.76
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術あり 24 11.67 7.31 0.00% 77.92
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 12 14.50 12.34 0.00% 67.08
110310xx01xx0x 腎臓または尿路の感染症 経皮的腎(腎盂)瘻造設術等あり - - 14.59 - -
前立腺肥大症に対しては、経尿道的前立腺レーザー核出術を行っています。                                                  上部尿路結石(腎結石、尿路結石)に対しては、経尿道的砕石術(ホルミウムレーザー使用)を行っています。                             膀胱がんに対しては、経尿道的膀胱腫瘍切除術を行っています。
※各項目において患者数が10未満の場合、ー(ハイフン)を入力しています。  
糖尿病科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xx99x100 2型糖尿病(末梢循環不全なし) インスリン注射あり 副傷病なし 23 26.87 14.27 0.00% 63.91
100070xx99x000 2型糖尿病(末梢循環不全なし) インスリン注射なし 副傷病なし 12 19.17 11.16 0.00% 58.58
100071xx99x100 2型糖尿病(末梢循環不全あり) インスリン注射あり 副傷病なし 12 24.67 14.63 0.00% 58.75
100040xxxxx00x 糖尿病性ケトアシドーシス、非ケトン昏睡 - - 13.57 - -
100071xx99x110 2型糖尿病(末梢循環不全あり) インスリン注射あり 副傷病(肝硬変、慢性腎不全など)あり - - 15.63 - -
当科では、多職種のチームで病態に応じた患者中心の治療を心がけています。最も多いのは2型糖尿病で、認知症やフレイルを伴う高齢者が増えてきました。    血糖コントロールが難しい患者が多いためインスリン注射ありが多くなっていますが、退院時までに経口血糖投下薬に切り替えた症例が含まれています。糖代謝の改善だけでなく、生活習慣の指導やインスリン注射の手技獲得、退院後の生活環境の構築などを行うため、在院日数がやや長くなることがあります。              1型糖尿病では、カーボカウントや補正インスリンの指導も行っています。
※各項目において患者数が10未満の場合、ー(ハイフン)を入力しています。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 68 9.10 5.50 1.47% 60.03
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等あり 37 19.14 10.61 5.41% 75.59
060335xx99x00x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 34 12.65 10.91 5.88% 67.38
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 34 16.50 11.44 0.00% 76.09
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 32 11.16 7.39 6.25% 70.41
消化器内科で最も多い疾患は、ウイルス性や細菌性の感染性胃腸炎です。小児科に多い疾患ですが、平均年齢は60歳と幅広い年代での感染者が多く、家族内発症で小さい子供から感染した例も多々あります。次に多いのが、胆管結石や胆管炎の患者さんです。当院では、内視鏡での砕石術が可能なため増加傾向です。肝細胞癌はDAA治療によりC型肝炎による発癌は減っています。今年度も肝細胞がん患者は減少していますが、DAA治療後定期検査を受けていない患者さんや今だ自分がC型肝炎に罹患していることに気づいていない患者さんもおられ、以前よりやや大きなサイズでの発見例が増えています。また、虚血性腸炎や急性胃腸炎で紹介入院する患者さんも増えてきています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 13 - - - - 16 1 6,7
大腸癌 13 14 28 23 - 61 1 6,7
乳癌 11 14 - - - - 1 7
肺癌 - - - 86 19 58 1 6,7
肝癌 - - - - - 48 1 6,7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
最も代表的な5つのがん(胃がん、大腸がん、乳がん、肺がん、肝がん)を病期ごとに集計しました。                                  
StageⅠが多いのは胃がん、大腸がんで内視鏡による病変部位の切除を行い早期治療を行っている患者さんも含まれます。再発が多いのは、大腸がん、肺がん、肝がんの順になっています。肝がんの再発治療で血管塞栓術(肝臓の血管に薬剤を注入する)を行うなど、患者さんの体に負担が少ない治療を行っています。大腸がんや肺がんは抗がん剤の内服や注射など化学療法治療が多くなっています。再発したがんは進行している状態で判明することもあり、再発患者さんの中には当院の緩和ケア病棟に入院され、痛みのコントロールなどの緩和治療を受けられる方もおられます。
※各項目において患者数が10未満の場合、ー(ハイフン)を入力しています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 66 9.91 56.98
中等症 276 22.57 80.76
重症 59 26.41 83.53
超重症 25 26.64 82.76
不明
日本呼吸器学会成人肺炎ガイドライン肺炎重症度分類(A-DROPシステム)の定義に基づいてスコアの該当項目数0〜5で、入院時の重症度を示しています。さらに、重症度別に患者数、平均在院日数、平均年齢を算出しています。
【A-DROPシステム】
1.男性≧70 歳、女性≧75 歳
2.尿素窒素≧21mg/dl以上または脱水あり
3.酸素飽和度≦90%
4.意識障害あり
5.収縮期血圧 90mmHg
 重症度に関わらず近隣の医療機関で外来治療が困難な患者さんをご紹介いただいており、外来治療が推奨される重症度0の患者さんでも重症化が予測されるケースでは、入院治療を行っています。重症度0では、適切な治療により在院日数をなるべく短くし、外来で経過観察しています。重症度1以上では平均年齢80歳以上とご高齢で複数の基礎疾患を持つかたが多く、在院日数も長くなっていますが、医師、看護師だけでなくリハビリテーション科、栄養科、薬剤部、ソーシャルワーカーが協力連携してチーム医療を行い、在院日数の短縮に努めています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 117 28.14 79.04 32.26%
その他 - - - -
当院で、脳梗塞に分類される疾患のうち、「I63$脳梗塞」に該当する患者さんについて示しています。                             脳梗塞は、「アテローム型」と「心原性塞栓」と「ラクナ梗塞」の3種類に分けられます。脳梗塞は心原性(不整脈)や動脈硬化性など様々な種類があり、リハビリと点滴加療の後、内服加療の継続が必要です。
※各項目において患者数が10未満の場合、ー(ハイフン)を入力しています。 
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
循環器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5972 ペースメーカー移植術 経静脈電極の場合 52 6.54 29.56 13.46% 81.25
K597-2 ペースメーカー交換術 25 3.56 35.08 8.00% 83.36
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 - - - - -
K596 体外ペースメーキング術 - - - - -
循環器科での手術は、ペースメーカーに関わる手術で占められています。最も多いのがペースメーカーの移植術です。                手術前日数が少し長くなっていますが、他の疾患で入院中にペースメーカー移植が必要となるような場合が含まれているためです。   また、術後日数が長い傾向ですが、これは疾患別の解説にある通り、基礎疾患によるものと考えられます。
※各項目において患者数が10未満の場合、ー(ハイフン)を入力しています。   
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 41 1.98 5.05 0.00% 70.56
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 38 1.21 6.97 0.00% 63.21
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 32 0.63 4.28 0.00% 67.28
K7193 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術 14 6.93 28.07 0.00% 70.43
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 10 2.10 15.20 10.00% 69.80
外科の手術で最も多いのが、鼠径ヘルニア手術となっています。この手術は、29年度までは「短期滞在手術等基本料3」にあたり、診断群分類別では挙がらない症例でしたが、4月に診療報酬改定があり平成30年度からは診断群分類別で取り扱われています。4泊5日のクリティカルパスを使用して患者さんの入院を管理しています。また、抗凝固剤を使用している患者さんは術前にヘパリンコントロールを行うこともあり、別に専用のクリティカルパスも用意されています。胆石症に対する手術は腹腔鏡下手術が主体ですが、炎症が強い場合などは開腹して胆のうを摘出することもあります。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 55 3.98 30.85 50.91% 85.73
K0811 人工骨頭挿入術 肩、股 17 8.59 29.65 70.59% 83.35
K0462 骨折観血的手術 前腕、下腿、手舟状骨 17 1.76 23.18 5.88% 56.06
K0732 関節内骨折観血的手術 胸鎖、手、足 14 2.14 26.29 14.29% 67.50
K0463 骨折観血的手術 鎖骨、膝蓋骨、手(舟状骨を除く。)、足、指(手、足)その他 11 2.27 13.55 9.09% 48.91
外傷(骨折)に対する手術が上位5つを占めています。                                                              大腿骨近位部骨折に対する骨接合術及び人工骨頭置換術が最も多くなっています。                                             次いで、橈骨遠位端骨折、足関節周囲骨折に対する骨接合術も多く行っています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 20 2.85 17.95 5.00% 80.30
K1742 水頭症手術 シャント手術 10 15.40 20.50 60.00% 79.80
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) - - - - -
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) - - - - -
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭して行うもの) 脳内のもの - - - - -
脳腫瘍(髄膜種・転移性脳腫瘍など)、未破裂脳動脈瘤、更に正常圧水頭症に対する外科手術を数多く行っています。
※各項目において患者数が10未満の場合、ー(ハイフン)を入力しています。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 37 0.00 1.00 0.00% 70.84
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 - - - - -
K6147 血管移植術、バイパス移植術 その他の動脈 - - - - -
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 - - - - -
K6105 動脈形成術、吻合術 その他の動脈 - - - - -
患者数と同じく、下肢静脈瘤に対しての手術が最も多くなっています。血管内焼灼術とは、レーザーで静脈の内側を熱で焼き、閉鎖させる治療です。          レーザー焼灼術は、ほとんど傷が残らず痛みも少なくて手術時間もかなり短くて済みます。日帰り手術または1泊2日入院で治療が可能です。              動脈硬化で血管が狭くなった症例では、バルーンカテーテルで狭い部分を拡張させる血管形成術を行ったり、血管が閉塞した症例ではバイパス術を行います。     内シャントまたは外シャント設置術や動脈形成術などは患者数が10未満となっています。
※各項目において患者数が10未満の場合、ー(ハイフン)を入力しています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 208 0.90 2.09 0.00% 78.64
K2172 眼瞼内反症手術(皮膚切開法) - - - - -
K224 翼状片手術(弁の移植を要するもの) - - - - -
K2191 眼瞼下垂症手術 眼瞼挙筋前転法 - - - - -
眼科の入院はほとんどが手術目的となります。中でも、白内障に対する手術である水晶体再建術(眼内レンズを挿入するもの)が占める割合が多くなります。当院には眼科の常勤医が不在ですが、近隣の眼科医3名で手術を担当しています。すべてが予定入院となっており、入院当日には手術を行うことができます。また、1回の入院で片目のみ手術を行うなど高齢の患者さんにもあまり負担がないように配慮しております。
※各項目において患者数が10未満の場合、ー(ハイフン)を入力しています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K841-21 経尿道的レーザー前立腺切除術 ホルミウムレーザーを用いるもの 28 4.07 7.64 3.57% 73.75
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 その他のもの 27 1.04 9.33 0.00% 78.56
K7811 経尿道的尿路結石除去術 レーザーによるもの 26 1.54 4.04 0.00% 68.00
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 14 2.43 11.93 7.14% 72.07
K7981 膀胱結石、異物摘出術 経尿道的手術 - - - - -
当院では、ホルミウムレーザー80Wを導入しております。尿路結石に対しては、経尿道的砕石術(r-TUL、f-YUL)を行っています。                 前立腺肥大症に対しては、経尿道的前立腺レーザー核出術(HoLEP)を行っています。
※各項目において患者数が10未満の場合、ー(ハイフン)を入力しています。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 75 1.19 3.21 0.00% 67.75
K6872 内視鏡的乳頭切開術(胆道砕石術を伴う) 35 7.03 14.51 5.71% 77.51
K654 内視鏡的消化管止血術 31 1.26 18.58 12.90% 71.03
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 30 4.50 26.80 13.33% 78.07
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 29 1.72 12.17 0.00% 76.83
消化器内科で最も多い手術は、内視鏡的大腸ポリープ切除術です。この手術は平成29年度では「短期滞在手術基本料3」にあたり3~4日間で退院できるようにクリティカルパスで患者さんの入院を管理しています。次は、近年高齢化に伴って総胆管結石症の方が増加しております。当院では、発症数日以内に対応できる体制をとっており重症化する前に対応しております。去年と比べると、朝倉地区で水害にあった方が多かった影響かストレスによる潰瘍や憩室出血が増えており、クリップや止血鉗子にて止血をする内視鏡的消化管止血術が増加しています。以前と比べると、食道・胃静脈瘤出血は肝硬変患者が減っているため減少しています。また、肝細胞癌に対する血管塞栓術と胆管がん、膵がん患者の閉塞性黄疸に対する内視鏡胆道ステント留置術は去年と同等の症例数となっています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 12 0.25%
異なる - -
ここに挙げられている疾患は、元々の疾患がありそこからの重篤な状態を発症する疾患です。
播種性血管内凝固症候群は、血管内に無数の血栓がばらまかれ、凝固反応(血液が固まる)が非常に高くなる病態です。敗血症は、病原体によって引き起こされた全身性炎症反応症候群です。この2つはDPC(包括評価)で高い点数が設定されています。それだけ治療にかかる費用が高いということですが、当院では入院中の部分的な期間で発症し治療後は原疾患の治療に戻る場合も多いので、1入院期間中の医療資源病名の発生率としてはあまり高くありません。
手術・処置等の合併症は、手術や処置後に一定の割合で起こりうる病態です。当院では、術後創部感染や術後出血が病名として挙げられています。そのほとんどが、入院契機と医療資源病名が同一の場合が多く合併症の治療を目的入院していることが分かります。
※各項目において患者数が10未満の場合、ー(ハイフン)を入力しています。
更新履歴
2018年9月25日
更新
2017年9月25日
更新
2016年10月1日
新規作成