朝倉医師会病院

病院ブログ

表示件数

消火器・消火栓訓練を行いました

日頃よく目にする消火器ですが、実際に使用する機会は少ないと思います。
火災があった場合に消火器があっても、使い方が分からなければなんの役にも立ちません。
朝倉医師会病院では、定期的に操作訓練を行っています。

講師による取り扱い説明のあと、訓練用消火器を持って火点に向かい消火を行いましたが、安全ピンの抜き忘れや、先端ホースが抜けないなど、実際に使用すると操作方法がわからなくなります。
また、消火栓訓練では、初めて体験する水圧の威力に皆さん苦戦していました。


もしこれが、本当に火災の現場となると、もっとパニックになり正しく操作できないと思います。
繰り返し、定期的に訓練することの大切さをあらためて感じることができ、職員の意識向上につながったのではないかと思います。

さいごに、消火器には使用期限が明記されています。
ご家庭にある消火器が老朽化してくると、破裂する危険がありますので使用期限を確認してみましょう。


新入職員BLS研修

5月14日(土)看護部新入職員17名を対象としたBLS研修を開催しました。
講師は当院DMAT隊員3名を含む7名で、スライドによるBLSの定義やAEDの重要性を学んだあと、
4チームに分かれ看護師指導のもと実技に入りました。
最初は小さな掛け声だった新人看護職員もだんだんと大きな声を上げ実践さながらの真剣な
面持ちで熱心に取り組んでいました。
                                 看護部管理


防災訓練

先日、消防訓練を行いました。
今回の訓練は主に新入職員を対象に消火器・消火栓の操作方法を練習しました。
講師による取り扱い説明の後、実際に消火器を持って的(火点)に向かって消火をしてみましたが、安全ピンの抜き忘れや、先端ホースが抜けないなど、初めての体験でした。
また、一本だけ実物の粉末消火器を使用し、放射距離や時間を確認しました。
次に散水栓を放水しましたが水圧の威力でなかなか的(火点)に当たりませんでした。

今後も定期的な訓練を実施し、万が一に備え安全・安心できる体制に努めて参ります。


緩和ケア研修会

2019年8月25日(日)に第7回朝倉医師会病院 緩和ケア研修会を開催しました。

緩和ケア研修会は、がん診療に携わる医師および医療従事者が、基本的な緩和ケアについて正しく理解するとともに、知識や技術・態度を修得することを目的とし、開催されています。
今年は医師12名、薬剤師1名の計13名の参加となりました。

開催にあたり、ご協力・ご尽力いただいた皆様に心より感謝申し上げます。