朝倉医師会病院  【急募】消化器内科医

朝倉医師会病院は紹介制で開放型の地域医療支援病院です。

0946-23-0077

部門紹介

薬剤科

薬剤科

私たち薬剤科は、患者さんに寄り添い、より良い医療サービスの提供が できるよう様々な職種のスタッフと協力・連携するチーム医療を行っています。忙しい毎日ではありますが、現在薬剤師14名・事務職員3名で1日24時間、365日仲良く楽しく頑張っています。

それでは、私たちの仕事を紹介します。

業務内容

C入院調剤(内服・注射)

患者さんに安心して治療を受けていただけるよう、アレルギーや副作用、普段飲まれているお薬と新しく始まるお薬との相互作用などをチェックしながら調剤しています。また、院内製剤という一般には売っていないお薬の調製も行っています。

C外来調剤

夜間は、入院患者さんの調剤だけでなく、救急外来を受診された患者さんのお薬も調剤してお渡ししています。

Cミキシング(TPN・抗ガン剤調製)

TPN(Total Parenteral Nutrition:中心静脈栄養法)とは、食事から充分な栄養を摂取できない患者さんに用いる食事代わりの点滴です。注射の配合変化などをチェックし、無菌的に注射を混ぜるのも私たちの仕事です。また抗ガン剤の調整も行い、患者さん一人一人に説明をします。お薬のことはもちろん、普段の生活をするうえでのアドバイスなどガンの治療をうける患者さんのサポートも行っています。

CDI(Drug Information:医薬品情報管理業務)

お薬を有効に使用できるよう、様々な資料や文献、医薬品メーカーなどからお薬に関する新しい情報を収集し冊子にしてまとめ、医師・看護師など他のスタッフへ情報提供を行っています。

CTDM(Therapeutic Drug Monitoring:治療薬物モニタリング)

使用する薬剤が副作用を発現せず効果的に作用するように、一部の抗菌薬について患者さんの体重や腎臓の機能からお薬の血液中の濃度を推測し、適切な投与量を医師に提案しています。

C病棟での業務(薬剤管理指導など)

入院時に患者さんが持参されたお薬の種類や飲み方を調べ、継続の有無を医師に確認しています。また、入院患者さんが薬を正しく使用できるように、薬の効果・使い方・副作用・飲み忘れた時の注意点等を病室で説明しています。服薬状況や副作用についてもチェックを行い、患者さんが安心してお薬を使用できるように心掛けています。

C治験

新しい「薬」を開発するためには、人での効き目(有効性)や副作用(安全性)を確認する必要があります。国(厚生労働省)から「薬」として承認を受けるために行う臨床試験のことを「治験」と呼んでいます。治験は国(厚生労働省)が定めた厳格なルールに従って行われます。当院では治験も行っています。

臨床治験センター

Cチーム医療

NST(栄養サポートチーム)、ICT(感染対策チーム)、緩和ケアチームなどの症例検討会(カンファレンス)や回診に参加して、薬剤師の立場から患者さんの薬物治療を支援しています。当院で行われている糖尿病教室、高血圧教室、また肝臓友の会では患者さん向けにお薬のことだけでなく、病気や治療、生活上の注意点などの説明も行っています。

薬剤科人員

薬剤師 … 14名 事務職員 … 3名(2016年8月現在)