朝倉医師会病院  【急募】消化器内科医

朝倉医師会病院は紹介制で開放型の地域医療支援病院です。

0946-23-0077

部門紹介

臨床工学科

臨床工学科では、臨床業務(血液浄化療法、高気圧酸素療法、治療機器操作など)、 ME機器管理業務(人工呼吸器、輸液・シリンジポンプなど)をおこなっています。

基本理念

臨床工学技術の提供、医療機器の保守管理の実践。
安全で確実な医療体制・チーム医療に貢献する。

業務内容

ME機器管理業務

院内医療機器について、購入年月日・製造番号・修理履歴などのデーター管理を行っています。これらのデーターを元に機器更新などの検討を行っています。また、輸液ポンプやシリンジポンプは臨床工学室からの貸出し・返却方式を取っており、それらは年間計画に基づいて定期点検を行い精度管理も合わせて行っています。人工呼吸器は、呼吸回路の組み立て・回路交換を含む点検を行っています。また、使用中点検も実施しています。

血液浄化業務

慢性腎不全に対する血液透析をはじめ、急性期疾患に対する持続緩除式血液浄化法やエンドトキシン吸着療法、血漿交換療法などの各種浄化法にも幅広く対応しています。腹水濾過濃縮再静注もおこなっています。

手術室業務

麻酔器の始業点検を実施しています。下肢静脈瘤レーザー治療装置や、術中自己血回収装置の機器操作を おこなっています。

高気圧酸素治療業務

高気圧酸素療法とは、2気圧と高圧環境の中で100%の酸素を吸入すると、血液中により多くの酸素を取り込むことができます。組織に十分な酸素を供給することができます。腸閉塞や突発性難聴、ガス壊疽など様々な疾患の治療をおこなっています。高気圧酸素治療技師が在籍しており安全には特に注意をして治療に当たっています。

情報提供

医療機器を安全に、確実に使用できるように病院内や外部に対し毎月のME機器勉強会を開催し、医療事故防止にも力を入れています。近年、医療は、高度化・専門分化しています。医療機器もその重要な一翼を担っています。正常に機能しなければ、効果的な医療を提供できないばかりか、事故に繋がる危険性があります。そのため、臨床工学技士は医療機器の操作・保守管理を行うスペシャリストとしていつでも安定・安全に使用できる医療を提供するため日々努めています。 

認定資格

血液浄化専門臨床工学技士
透析技術認定士
呼吸療法認定士
高血圧酸素治療専門技師
医療機器情報コミュニケータ
第2種ME技術実力検定
特定高圧ガス取扱主任者(液化酸素)