平成27年度 朝倉医師会病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 54 88 73 108 178 304 820 1,229 1,367 423
 平成27年度に退院した患者さんの年齢を10歳刻みの階級で集計しました。
 当院は地域の中核病院として、開業医と連携し地域医療に貢献しています。朝倉市の高齢化率の上昇もあり、入院患者の割合は70代以上が多くみられますが、幅広い年齢層の患者さんにご利用いただいております。
 30代までは、マイコプラズマ肺炎、急性虫垂炎や自然気胸などが上位を占めています。40代~60代では、肝細胞がんや大腸がん、C型慢性肝炎といった消化器系疾患が多くみられます。入院患者の割合がもっとも多い70代以上では、うっ血性心不全、誤嚥性肺炎といった内科系疾患に加えて白内障が上位にきています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 296 16.04 14.34 6.76% 72.23
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 118 22.69 21.69 25.42% 86.25
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 66 33.38 20.63 10.61% 73.80
 呼吸器科では上位3疾患を種類の異なる肺炎で占めています。
 痰などから原因菌を決定し、どの薬(抗菌薬)が効くかを調べ、治療を行う細菌性肺炎。細菌が唾液や胃液と共に肺に流れ込んで生じる誤嚥性肺炎。膠原病やじん肺、アレルギー性のものなど、原因がさまざまなことから引き起こされる間質性肺炎の3種類です。
 どの肺炎も患者さんの年齢は70歳以上で、重症化することもあり、平均在院日数は2週間から1ヶ月となっています。誤嚥性肺炎は、他の病院に転院して継続治療を行うことが多く、転院率が他の2つと比べて少しだけ高い傾向にあります。1位の肺炎関連データについては、指標4の「成人市中肺炎の重症度別患者数等」もご参照ください。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 81 17.11 11.98 2.47% 74.19
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 65 7.83 5.50 3.08% 56.83
060100xx03xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。)内視鏡的消化管止血術等あり 41 6.00 2.76 0.00% 64.51
 消化器内科で最も多いのは肝細胞がんです。化学療法目的で入院することが多く、血管塞栓術(肝臓の血管に薬剤を注入する)を実施しています。次いで多いのが、ウイルス性腸炎です。小児の疾患と思われがちですが、平均年齢が50歳代と比較的若く、子供からの感染と考えられる患者さんも多くみられます。
 大腸の良性疾患とは、いわゆる大腸腺腫や大腸ポリープのことです。当院に入院される患者さんのほとんどは、近くの開業医からの紹介が多く、内視鏡を用いて病変部を切除し病理診断を行っています。まれに、病変部が悪性と診断されることがありますが、その場合は外科へ引き継いで外科的治療を行えるように診療科間の連携をとっています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x 心不全 172 44.99 18.31 11.05% 82.18
050210xx97000x 洞不全症候群、ペースメーカ電池消耗等の徐脈性不整脈 ペースメーカ植込み術等あり 63 28.79 11.76 15.87% 81.37
050070xx99000x 心房細動等の頻脈性不整脈 47 16.81 7.26 4.26% 75.77
 循環器科で最も多いのが心不全です。次に多いのがペースメーカー挿入を行う洞不全症候群や房室ブロック、その次に心房細動が占めています。患者層は75歳以上で、基礎疾患に糖尿病があったり肺炎を併発するなど、入院期間が長くなる傾向が見られます。
 また、ペースメーカーを挿入した場合にはペースメーカーの電池交換目的での入院も必要となりますが、これは第2位の患者数に含まれています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x1xxx0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未満) 22 4.36 5.72 4.55% 5.55
040100xxxxx00x 喘息 - - 6.31 - -
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 - - 5.50 - -
 小児科では、肺炎や気管支喘息といった症例が多くなっています。肺炎は、マイコプラズマ肺炎・気管支炎が大部分を占め、RSウイルスによるものもみられます。喘息、ウイルス性腸炎は患者数が10未満となっています。喘息は、肺炎などを契機にひどくなり、重積発作を起こすこともあり、入院して様子をみることになります。
 いずれの症例においても、退院後は、かかりつけ医にフォローをお願いしています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060020xx01x0xx 胃の悪性腫瘍 胃全摘等の悪性腫瘍手術あり 24 27.75 20.63 0.00% 69.79
060035xx0100xx 結腸(虫垂含む)の悪性腫瘍 結腸切除術等の手術あり 22 19.73 17.41 4.55% 69.05
060335xx0200xx 胆石性胆のう炎、急性胆のう炎等 胆嚢摘出術等あり 18 11.83 7.84 0.00% 63.44
 外科では、胃がんが最も多く、次いで大腸がんとなっています。どちらも病変部の切除を伴うものであり、その多くは消化器内科との連携によりなされています。基礎疾患があったり、入院中に消化器内科から転科する症例もあり、平均在院日数が少し長いのはそのためだと考えられます。第3位の胆石性胆のう炎も消化器内科と連携し、内科的治療の後に切除術を行う症例もあります。
 いずれの症例も転院率が5%未満であり、自院で治療が完結していることが分かります。また胃がんや大腸がんは、切除後の状態によっては化学療法を行うなど短期入院を繰り返す症例も多くみられます。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎の圧迫骨折 79 40.68 21.52 35.44% 80.68
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 内固定術等あり 72 41.65 28.70 72.22% 85.10
070160xx01xxxx 手根管症候群(上肢末梢神経麻痺) 神経剥離術等あり 56 13.09 5.88 0.00% 71.18
 整形外科では、脊椎の圧迫骨折が最も多くなっています。胸椎や腰椎の部分をバストバンドで固定して経過をみます。次に多いのが大腿骨骨折です。部位は転子部、頚部骨幹部等に分けられ、その骨折部位を内固定させる手術などを行います。その後は、退院に向けてリハビリを行っていきます。高齢の患者さんが多いため、継続リハビリを目的としてリハビリ専門の病院に転院される割合が高くなっています。
 手根管症候群は、手首(手関節)にある手根管というトンネル内で正中神経が圧迫された状態です。神経剥離術や手根管開放術といった手術で症状を緩和させます。入院期間は比較的短く、平均して2週間ほどです。
血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050180xx97xx0x 下肢静脈瘤等(静脈・リンパ管疾患) 手術あり 55 2.15 3.46 0.00% 67.76
110280xx02x00x 慢性腎不全等 動脈形成術等あり - - 9.71 - -
080011xx99xxxx 蜂窩織炎 - - 11.97 - -
 血管外科で最も多い疾患は下肢静脈瘤です。他院からの紹介が多く、ほとんどが予定入院で手術を行います。患者さんへの体の負担も少ない手術ですので、術後もすぐに退院することができます。
 慢性腎不全、蜂窩織炎は、ともに患者数が10未満となっています。慢性腎不全に対しては、人工透析をするためのシャントを造設することがあります。蜂窩織炎は、皮膚科が担当することが多いのですが、リンパ管炎として血管外科で担当することもあります。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 21 9.19 8.97 0.00% 67.00
080011xx99xxxx 蜂窩織炎 16 14.81 11.97 6.25% 68.94
080007xx010xxx 粉瘤、アテローム化膿等 皮下腫瘍摘出術あり 11 3.55 4.38 0.00% 61.82
 皮膚科で最も多い疾患は、帯状疱疹、次いで蜂窩織炎、粉瘤となります。
 帯状疱疹は、神経に沿って帯状に疱疹(ブツブツ)ができ、その場所に強い痛みが起る病気です。口のまわりに疱疹ができる単純疱疹とは異なる病気で、抗ウイルス薬で治療を行います。蜂窩織炎は、皮膚の真皮から皮下脂肪組織にかけて、細菌が感染して炎症を起こす病気で、蜂巣炎とも呼ばれています。粉瘤とは、皮膚の下に袋状の構造物(嚢腫)ができ、本来皮膚から剥げ落ちるはずの垢(角質)と皮膚の脂(皮脂)が、剥げ落ちずに袋の中にたまってできる腫瘍の総称で、腫瘍を取り除く手術を行います。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術あり 29 8.72 7.59 0.00% 77.55
110200xx04xxxx 前立腺肥大症 レーザー前立腺切除術等あり 21 9.71 7.90 0.00% 74.33
11012xxx020x0x 尿管結石症等の上部尿路疾患 結石除去術等あり 14 4.79 5.91 7.14% 69.29
 泌尿器科で最も多いのは膀胱がんです。経尿道的手術を行う入院となっています。次いで多いのが前立腺肥大症です。こちらもレーザーによる前立腺切除を行う入院です。どちらも転院はなく自院の外来で継続してフォローを行っています。
 尿管結石症は腎結石も含みます。結石除去術を行うことがほとんどですが、一度で取りきることが出来ない場合は、入院を数回に分けたり、尿管にステントを留置するなど別の手術をあわせて行うこともあります。
糖尿病内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xxxxxxxx 2型糖尿病 38 24.61 15.35 0.00% 68.16
100060xxxxxxxx 1型糖尿病 - - 14.30 - -
100120xxxxxxxx 肥満症 - - 20.84 - -
 糖尿病内科で最も多い症例は2型糖尿病です。平均年齢は70歳未満となっていますが、合併症がある場合も多く、インスリンの調整だけでなく、合併症に対しての治療もあわせて行うため、平均在院日数も少し長くなっています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 27 - - 20 13 23 1 6,7
大腸癌 - 13 13 - 58 23 1 6,7
乳癌 - - - - - - 1 7
肺癌 11 - 10 54 15 34 1 6,7
肝癌 - - - - 10 106 1 6,7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
 もっとも代表的な5つのがん(胃がん・大腸がん・乳がん・肺がん・肝がん)を病期ごとに集計しました。
 StageⅠが多い胃がんは内視鏡による病変部位の切除をおこない、早期治療に対応しています。肝がんは、再発が最も多くみられます。血管塞栓術(肝臓の血管に薬剤を注入する)を行うなど、患者さんの体に負担の少ない治療を行っています。肺がんや大腸がんは、抗癌剤の注射や内服など化学療法治療が多くなっています。
 いずれのがんも進行している状態で判明する場合が多く、StageⅣや再発のうち約30%の患者さんは、緩和ケア病棟に入院して痛みのコントロールを中心にケアを行っています。
※各項目において患者数が10未満の場合、-(ハイフン)を入力しています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 49 10.31 50.57
重症度 1 98 17.82 75.62
重症度 2 80 17.86 82.49
重症度 3 38 21.13 83.37
重症度 4 - - -
重症度 5 - - -
不明 - - -
 成人の市中肺炎患者さんを重症度別に集計しました。
 市中肺炎とは普段の社会生活の中で発生し、主に健常者か軽度の基礎疾患を持つ人において幅広い年代で発症します。さまざまな細菌が原因で発症し、当院では気管支肺炎や肺炎球菌肺炎が代表的な病名となります。
 重症度分類は「年齢」「脱水状態」「呼吸状態」「意識状態」「血圧」の5つの項目に該当する数値で判定します。当院では、“重症度0”の患者さんの入院期間は2週間未満となっており、重症化する前に適切な薬剤を投与し治療を行っています。“重症度1”から“重症度3”の患者さんは高齢でもあり、基礎疾患から合併症を発症することもあるため入院期間が少し長くなる傾向が見られます。
※各項目において患者数が10未満の場合、-(ハイフン)を入力しています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 18 6.44 75.83 0.00%
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内
その他
I63$ 脳梗塞 3日以内 37 17.78 79.81 25.58%
その他 - - - -
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内
その他
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他
 脳梗塞等の分類にあたる患者さんをICD-10コード別に集計しました。
 当院で脳梗塞に分類される疾患のうち、「G45$一過性脳虚血発作および関連症候群」「I63$脳梗塞」に該当する患者さんについて示しています。
 一過性脳虚血発作とは、脳に行く血液の流れが一時的に悪くなり麻痺や感覚障害が現れ、多くは数分以内にその症状が完全に消失するもので、脳梗塞の前触れとしても重要な疾患です。当院では3日以内の発症率が高く、10日以内に退院しますが、脳梗塞発症予防のために継続して治療を行うこともあります。脳梗塞は「アテローム血栓性」と「心原性塞栓」「ラクナ」の3種類に分けられます。主に循環器科にて薬剤を投与する内科的治療で対応しています。
 また、どちらの項目でもその他(3日以上)の患者数は10未満であり、ほとんどの患者さんを早い段階で治療していることがわかります。
※各項目において患者数が10未満の場合、-(ハイフン)を入力しています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6152 血管塞栓術(選択的動脈化学塞栓術) 69 2.25 14.06 1.45% 73.65
K721-21 内視鏡的大腸ポリープ切除術(長径2㎝未満) 45 1.24 4.09 0.00% 65.58
K654 内視鏡的消化管止血術 35 0.91 13.91 2.86% 72.86
 消化器内科で最も多い手術は、肝細胞がんに対して行う化学療法目的の血管塞栓術です。当院では肝細胞がんの場合、病変部の切除よりも多く実施されています。次に多いのが、内視鏡的大腸ポリープ切除術です。この手術は「短期滞在手術等基本料3」にあたり、6日間で退院できるようにクリティカルパスで患者さんの入院を管理しています。内視鏡的消化管止血術は、おもに出血性の消化管潰瘍に対して施行され、術前日数からもわかるように、緊急の場合が多く入院当日に実施されることが多くみられます。
 診断群分類別のデータからもわかるように、消化器内科では対象疾患や対象手術が70歳以下の患者さんに多く該当しています。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5972 ペースメーカー移植術 経静脈電極の場合 60 8.15 31.17 16.67% 80.80
K597-2 ペースメーカー交換術 20 5.25 33.80 10.00% 85.50
K596 体外ペースメーキング術 - - - - -
 循環器科での手術は、ペースメーカーに関わる手術で占められています。最も多いのがペースメーカーの移植術です。第3位に挙がっている体外ペースメーキング術と合わせて行われることが多く、緊急手術を行うことで救命率を上げています。手術前日数が少し長くなっていますが、他の疾患で入院中にペースメーカー移植が必要となるような場合が含まれているためです。また、術後日数が1ヶ月と長い傾向ですが、これは疾患別の解説にあるとおり、基礎疾患によるものと考えられます。
 体外ペースメーキング術は単独で行われることが少なく患者数が10未満のため、-(ハイフン)を入力しています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 41 1.80 5.20 7.32% 70.54
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 32 2.19 7.44 0.00% 62.75
K6113 抗悪性腫瘍剤持続注入用植込型カテーテル設置 28 1.46 6.50 0.00% 70.18
 外科の手術で最も多いのが、鼠径ヘルニア手術となっています。この手術は「短期滞在手術等基本料3」にあたり、診断群分類別では挙がらない症例です。4泊5日のクリティカルパスを使用して患者さんの入院を管理しています。また、術前にヘパリンコントロールを行うこともあり、別に専用のクリティカルパスも用意されています。
 抗悪性腫瘍剤持続注入用植込型カテーテル設置術は、がんに対する化学療法を行うために体内に管を設置する手術です。設置目的で入院して一度化学療法を行ってから退院することが多いので、術後日数が1週間ほどになっています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨、上腕、大腿) 58 4.22 31.02 65.52% 82.45
K1882 神経剥離術 その他のもの 44 1.02 10.61 0.00% 72.70
K0732 関節内骨折観血的手術(胸鎖、手、足) 26 4.31 31.31 7.69% 62.23
 整形外科の手術で最も多いのが骨折に対する手術です。骨折的観血的手術の中では、大腿骨骨折で入院する患者さんの80%にこの手術が行われています。また、関節内骨折観血的手術は、主に足関節や手関節に対する手術となっています。骨折に対して手術を行った場合は、術後のリハビリを行うことが多いので、術後日数が1ヶ月くらいになります。
 神経剥離術は、手根管症候群に対して行う手術です。予定入院が多く、入院の翌日には手術が行われます。また転院はなく、自院で術後のフォローを行っています。
血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 55 0.00 1.15 0.00% 67.89
K0843 四肢切断術(指) - - - - -
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 - - - - -
 患者数と同じく、下肢静脈瘤に対しての手術が最も多くなっています。血管内焼灼術とは、レーザーで静脈の内側を熱で焼き、閉鎖させる治療です。レーザー焼灼術は殆ど傷が残らず、痛みも少なく、手術時間もかなり短くて済みます。 日帰り手術または1泊2日入院で、治療が可能です。
 四肢切断術、内シャント又は外シャント設置術は患者数が10未満となっています。四肢切断術は、糖尿病や動脈硬化による壊死に対して行うことが多く、内シャント又は外シャント設置術は人工透析目的の慢性腎不全の患者さんに対して行います。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術 30 1.17 6.53 0.00% 77.47
K841-21 経尿道的レーザー前立腺切除術 22 4.27 7.50 0.00% 74.91
K7811 経尿道的尿路結石除去術 14 1.29 3.07 7.14% 69.71
 泌尿器科では、細経内視鏡やホルミウム・レーザーといった機器を導入し、患者さんの体に侵襲の少ない手術を行っています。ここに挙げられている手術は、尿道から内視鏡を挿入して腫瘍の切除や結石を除去する「経尿道的手術」となります。ほとんどが予定入院で入院期間もそれほど長くなく、およそ1週間で退院となります。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 207 0.86 2.15 0.00% 78.38
K2172 眼瞼内反症手術 - - - - -
K224 翼状片手術 - - - - -
 眼科の入院はほとんどが手術目的となります。中でも、白内障に対する手術である水晶体再建術(眼内レンズを挿入するもの)が占める割合が多くなります。この水晶体再建術は包括評価の対象とならないため、患者数には白内障が挙がりません。当院には眼科の常勤医が不在ですが、近隣の眼科医3名で手術を担当しています。すべてが予定入院となっており、入院当日には手術を行うことができます。また、1回の入院で片眼のみ手術とし、高齢の患者さんにもあまり負担がないように配慮しています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 12 0.26%
異なる 13 0.28%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 25 0.54%
異なる - -
 ここに挙げられている疾患は、元々の疾患があり、そこから重篤な状態を発症する疾患です。
 播種性血管内凝固症候群は、血管内に無数の血栓がばらまかれ、凝固反応(血液がかたまる)が非常に高くなる病態です。敗血症は、病原体によってひきおこされた全身性炎症反応症候群です。この2つは、DPC(包括評価)で高い点数が設定されています。それだけ治療にかかる費用が高いということですが、当院では、入院中の部分的な期間で発症し、治療後は原疾患の治療にもどる場合が多いので、1入院期間中の医療資源病名の発生率としてはあまり高くありません。
 手術・処置等の合併症は、手術や処置後に一定の割合で起こりうる病態です。当院では、術後創部感染や術後出血が病名として挙げられます。そのほとんどが入院契機と医療資源病名が同一の場合が多く、合併症の治療を目的に入院していることが分かります。
※各項目において患者数が10未満の場合、-(ハイフン)を入力しています。
更新履歴
2016年10月1日
新規作成