ホーム施設紹介施設長あいさつ

施設長あいさつ

介護老人保健施設アスピアの施設長をしております火野坂です。
この施設は、朝倉医師会によって運営されている施設であるため、医師会会員の医師も運営委員を務めており、運営に参加しています。そのため朝倉医師会長の私が施設長を兼務しております。朝倉医師会病院とは、常時、緊密な連携を保ちながら、入所、通所の利用者の健康管理を行っています。また、医師会の施設であるため、かかりつけ医とも常に連携しており、今まで受けられていた治療と同じ治療を受けることができます。そのため、入所の方にも、同じ治療を継続していただけるとともに、信頼感と安心感のなかで介護を受けることができます。

このアスピアという名称はフランス語で和らぐ・鎮まるという意味をもっています。自然に囲まれたこの施設で、心身ともに和らいでください、元気になってくださいという願いを込めて、設立当初の職員らによって名付けらました。

アスピアの職員は、みんな思いやりの気持ちを持って利用者に接するように心がけ、リハビリテーション・看護・介護を 中心としたサービスを提供いたしています。そして、この施設を利用される皆さまが、住み慣れた社会へ、それぞれのご家庭へ復帰できるようお手伝いする施設です。職員一同、献身努力いたしています。どうぞ、これからも宜しくお願い申し上げます。

介護老人保健施設アスピア 施設長 火野坂 徹

「施設紹介」関連ページ